下北沢中瀬ビル1階に「隠れ家古着屋Ayne」さんが来た!

皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越し下さって本当に有難う御座います。

今日は朝の内は下北沢にも霙が降っていまして、とても寒い一日でしたね。

明日日曜日もお休みの方も多いと思われますが、どうか皆さん暖かくしてお過ごし下さいね。


■中瀬ビル1階に「隠れ家古着屋Ayne」さんが来た!

今日は霙が降るような寒い一日でしたが、当占い処が入っております下北沢は中瀬ビル1階に、ホットなお店がオープン致しましたので、今日はそちらの方の取材を兼ねてご紹介してみたいと思います。

遅くまで取材を受けて下さったAyne店長様本当に有難う御座いました。


■「隠れ家古着屋」と言うだけあり、サービスと拘りの商品満載の心温まる古着屋さん。

当占い処もそうですが、中瀬ビルと言うのは中々に下北沢の中でも面白いお店が多いのをご存知でしょうか?

例えば4階には全部手作業をモットーとされていらっしゃり、独創的で癒される店長様のいらっしゃる「ネイルサロンXS」さんや、当占い処も他の占い処様ではご相談頂けないような「死んだら私はどこへ行きますか?」などのご相談を、数千年続く古神道の叡智を持ってお受けさせて頂いておりましたりと、下北沢としては他の同業種の方々の追随を許さないお店が入っています。

今回、本日からオープンしました一階の「隠れ家古着屋Ayne」さんもそんな面白いお店でした。


■日本の古都京都から、拘りの商品とサービスを東京下北沢に。

まずは、通りの看板ですが、シンプルかつデザイナブルな看板が目を引きます。
CIMG6524.jpg
どことなく繁華街で良く目にする「売らんがな」な広告とは違った、呉服屋さんにも通じるようなデザインセンスが目を引く看板ですが、それもそのはず、店長様の一鶴さんは京都のご出身との事で、看板もそのセンスが見事に感じられます。

私達は東京生まれ東京育ちですので、このセンスはとても勉強になります。

中瀬ビル入り口から見ると、奥にも同じセンスの看板が目に飛び込んできます。
CIMG6525.jpg
このデザインの何が面白いかと言いますと、店頭の横長看板でも、こちらの縦長看板でも、同じようにとても風情があるように見える所ですね。

通常、看板をデザインする時には、経てと横で全く違ったデザインにしないと格好が悪くなってしまうのですが、シンプルだからこそ、経てでも横でもスタイリッシュに収まる良さがあるのですね。

流石京都で培われたセンスは一朝一夕では真似出来ないものが感じられます。

こちら取材をさせて頂いたのは、オープン前日でしたので

輝風音・陽水丸
「オープン前にスミマセン、取材で来ました〜」

一鶴さん
「あぁいらっしゃいませ〜どうぞどうぞ!見て下さい〜」
CIMG6528.jpg
写真右側に写ってらっしゃるのが、こちらAyne店長一鶴(いっかく)さんです。

オープン前日に、オープン当日にお客様を楽しませられる商品選びの最終チェックを行ってらっしゃいました。

この記事を書かせていただいています2019年12月7日はもうオープン日ですが、取材をさせて頂いたのがなんと前日23:00、夜中まで全部の商品に目を通して、一着一着厳選していました。

一鶴さん
「こちら中瀬ビルって少し奥まっていて、正に隠れ家的な場所にありますので、覗いてくださったお客様が、来てよかったとか、来て楽しかったとか、そういう感覚になって頂ける事が僕は凄く重要じゃないかと思っています。

ですので、お客様を楽しませるためなら、徹夜でだって何度でもチェックしますよ」

流石にこちら中瀬ビルを選ばれただけあって、お客様への奉仕的な精神にとても溢れていると感じました。

実は古神道の知識を少し紐解いてみますと、「見えないものを見たい」とするのは、実は肉体ではなく魂の本能だと言われています。

皆さんも恐らく「見るな、目を閉じてそれを絶対に見てはいけない」と言われると、見えてしまうとどうでも良い物がとても見たくなってしまう事があると思います。
実はその欲求こそが、魂の欲求だったのでした。

Ayneさんのお店はそうした魂の欲求「通りから見えないお店の商品を見たい」とするものを満たせるような、独創性溢れた商品展開を目指しているのでした。

魂の欲求が分かっているかのような、このお店作り・・やはり神道の本場京都で培われた考えは、只者ではありません。


■至る所にセンスが散りばめられた店内

下北沢には沢山の古着屋さんがありますが、実はそれぞれの店舗には面白いほどに店長さんの独創性が活かされていますので、そうした雰囲気がお店を作り出している面がとても大きいのです。

ですので、下北沢の古着屋さんには、それぞれの店舗ごとに根強いファンがいらっしゃって、回って見るだけでも一日中楽しめたりします。

中瀬ビル一階にいらっしゃったAyneさんも、下北沢の古着屋さんらしい、独創的な店舗づくりが見られました。

店舗内の商品は、それぞれバラバラのメーカーの、バラバラの年代の物ですのに、統一感が見られます。
CIMG6553.jpg
CIMG6552.jpg
最初はメンズ多めとの事ですが、センスが良い物が多いためか、レディースでも十分に通用するような商品が多いのですね。

輝風音・陽水丸
「あれ、このセーターってメンズですか?」
CIMG6530.jpg
CIMG6533.jpgCIMG6535.jpg

一鶴さん
「あぁこれはですね〜一応、メンズなのですが、可愛いですよね」

輝風音・陽水丸
「うんうん、これ下北沢の女子には凄い受けそうなデザインですよね」

一鶴さん
「そうなのです。
下北沢女子はセンスが良い方が多いですので、メンズとして着て頂いても良いのですが、女性がオーバーサイズ気味に着ても可愛いかなと思って、これは入れてあるんですよ」

輝風音・陽水丸
「うんうん、これ女性が着てたら可愛いですよね。
しかも、ただ可愛いと言うだけじゃなくて、品がある感じになりますもんね」

一鶴さん
「ですよね。
下北沢にカップルでいらっしゃって、彼氏に似合うとか、彼女に似合うとか、そういう話題で盛り上がれる感じになったら良いなと思います」

洋服を売っていると言うだけではなくて、そこにいらしたお客様が、その一着を見ながら楽しむ事が出来るように置かれた商品が多いとの事で、これは見えない「おもてなし」文化だなと思わされました。

ふと、商品のアウターを手に取られて着てみる店長の一鶴さん。
CIMG6539.jpg

「古着って一着一着、それぞれに状態などから個性が出てくるんです。
ただ仕入れているだけではなくて、実は僕が一着一着、実際に着てみたりしながら確認して仕入れています。

自分が気に入っていない服を、お客様には出せません」

これだけの点数の古着ですが、まさか一着一着、店長さんが選ばれているのには驚きました。
この統一感のあるセンスの服達は、まさにそうした店長さんのセンスで揃えられたものでした。

店内には、凄まじく巨大な姿見が・・・
CIMG6540.jpg

店長の一鶴さんは身長180cmオーバーですが、間近で写してもまだまだ余裕で全身を写せる巨大な姿見です。
CIMG6544.jpg
「これも、お客様に楽しんでいって頂くための、僕なりの工夫です。
折角洋服を選んで頂いて、それで楽しまれたのに、トータルコーディネートが出来ない鏡では、やっぱり楽しさも半減してしまいます。

ですので、思い切って巨大なサイズのを入れてみました。
下北沢にいらして、そのコーディネート全体を見ながら、楽しんでいって頂きたいと思っています」

鏡一つ取っても、そこには妥協の無いおもてなし文化が感じられました。

一鶴さん
「で、こっちが試着室なんですけど〜(笑)」
CIMG6545.jpg

輝風音・陽水丸
「し・・・試着室に専用エアコンって初めて見ましたよ(笑)

あと、リモコン!!!」
CIMG6549.jpg
一鶴さん
「そうなんですよ(笑)
実際に店内は暖かいのに、試着室が寒いっていう事ありますよね?」

輝風音・陽水丸
「あぁぁぁあります(笑)
結構良くあります(笑)」

一鶴さん
「そうなのです(笑)
特に女性の場合冷え性の方も多いですから、折角楽しんで商品を手に取ってくださっているのに、試着室が寒いと楽しさも半減してしまいますから、試着室には専用でエアコンを付けました。

リモコンもありますから、寒かったら温度上げて頂くのも全然大丈夫ですよ(笑)」

輝風音・陽水丸
「リモコン付き試着室は生まれて初めてみました(笑)
私達も下北沢の古着屋巡りは本当に好きで、休日なんかでも良く下北沢に来て古着屋巡りしてますが、これは初めて見ました(笑)」

一鶴さん
「ですよね(笑)
どこにでもある古着屋じゃなくて、ここだけの楽しさを見つけて頂けるように、あらゆる所に気を配りました」

商品のセンスも光っていましたが、こうした細部に至るまで、気を抜かないサービス精神を感じさせられました。
試着室にリモコンとエアコンは私達も生まれて初めて見た光景でしたので、凄い感動してしまいました。


■インスタ限定全品20%OFFの開店セールは2019年12月8日まで!

インスタの方に詳しく載せていらっしゃいますが、インスタ限定全品20%OFFセールは2019年12月8日までですので、休日最後の日曜日、お出かけされるならぜひ中瀬ビルへとお越しください。

詳しい情報はこちらです。


■隠れ家古着屋さん「Ayne」、店長様含めて盛り上がれる事間違い無し。

いかがでしたでしょうか?
古着屋さんは下北沢には沢山ありますが、中瀬ビルの古着屋さんは私達占い師から見ましても、他に類を見ない「思い出に残る古着屋さん」だと感じました。

下北沢にいらした際には、ぜひ中瀬ビルをお尋ねください。

私達も二階で、Ayneさんと共に、一人でも下北沢にいらした皆さんを盛り上げられますよう、努力をしていきたいと感じました。

クリスマス用猫装飾が出来ました!

皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越し下さって本当に有難う御座います。

12月としては少し暖かかった昨日とは打って変わって、今日はとても寒い一日でしたね。

明日は雪が降るような場所もあるらしいですので、どうか皆さんも暖かくしてお過ごし下さいね。


■クリスマス用猫装飾が出来ました。

さて、先日、ありがたくも相談者様からもお声を頂戴していました猫装飾なのですが、その後も写真を撮影したいと仰ってくださった相談者様もいらっしゃり、私達もクリスマスに向けてもっと手作り猫装飾を増やしたいと思いましたので、早速作業に取り掛かりました。

猫シルエットを小さく描いて、それをコピーして量産しました。
CIMG6498.jpg

コピーが出来上がってきたら、それを一体一体切り出していきます。
CIMG6509.jpg
タペストリーと違ってこちらは小さいですので、切り出し作業には気を使いますが、大物のような体力仕事とは違うので、意外と快適に作業できます。

CIMG6499.JPG

今回は薄い紙を小さく切って生きますので、デザインナイフも少し重みのある


を使っていきます。

重たいカッターはデザインでは使いにくいかと思われがちですが、細かい作業をする時にカッターに重みがあった方が切れやすいので、その重みを直感で右へ左へとコントロールしていけば、綺麗な曲線が出たりしますので、こう言う作業にはとても使いやすいのです。
CIMG6503.jpg
私達も大の猫好きですが、当占い処の相談者様は猫がお好きな方が多いですので、小さな切り出しですが、どの子も一体一体、愛情込めて切り出していました。

こうした作業は、まるで人形に魂を吹き込んでいくような作業ですので、本当に楽しいです。

CIMG6505.jpg


どうかご覧くださった相談者様が、少しでも癒えますように・・それだけを考えて切り出して生きます。

出来ました!
CIMG6512.jpg
全部で9体できました。

取りあえず、まずは入り口の窓ガラスに張って見ます。
CIMG6514.jpg

大分賑やかな感じになりましたね(笑)
CIMG6516.jpg

片面コピーですので、お店の中から覗くと白猫になっています(笑)
CIMG6520.jpgCIMG6522.jpg
残り6体は現在も作業中です。


■入る時には黒猫、出て行く時には白猫に!

今回、片面コピーにしたのには私達の相談者様に対する「願い」も込められていまして、お店のドアを入られる前は、どなたも悩みで悶々とされ、真っ暗闇のような想いになられていたとしても、占いを終え、お部屋を出て行かれる際にはその悩みも薄れて白猫のような気持ちになって帰って行っていただきたい・・・そんな願いを込めて、今回はこのようなデザインにしてみました。

ぜひ、お立ち寄りの際には一度御覧くださいませ。
posted by 輝風音&陽水丸★きふね&ひみまる★ at 23:02東京 ☀占い師と猫

出張鑑定の裏舞台を公開!

皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越し下さって本当に有り難うございます。

今日も大変に良く晴れた下北沢となりましたね。

今年は例年よりも少し暖かいようですので、それもありまして今日も下北沢は沢山の人々で賑わっていました.


■2019年12月4日(水曜日)、出張鑑定に行って参りました.。

当占い処では、リピーターの相談者様や昔からの相談者様より要請がありました場合、出張鑑定サービスを行わせていただいておりますが、昨日は出張鑑定のため下北沢とは別の駅を目指していました.

いつも出張鑑定をご依頼して下さっておりますK様、いつも本当に有り難うございます。

出張鑑定とは、占い師が相談者様ご指定の場所や、ご自宅にお伺いさせて頂きまして直接その場で鑑定をさせていただくサービスとなっておりまして、現在は東京都内をホームとして、関東近県へもお伺いさせて頂いて折ります。

実際にはいつもいらして下さっております皆さんへのサービスですので、料金表に載せるような事はなく、他の占い処の出張鑑定料金よりも圧倒的にお安くさせて頂いておりますため、結構驚かれることが多いです。


■出張鑑定の裏舞台を公開。

実際に出張鑑定と言いましても、それぞれの占い師様言に全く違った形式で行われていますので、これが全てと言うことはありません。

ただ、普段あまり皆さんがご存知ありません出張鑑定の裏舞台を色々とご紹介してみたいと思います。


■占い師は出張鑑定のご指定時間2時間前にファミリーレストランに入る所から始まります。

さて、相談者様側からご覧になられると、出張鑑定のご指定時間通りに伺いますので、恐らくは5~10分前に到着しているのだと思われがちですが、実は私達の出張鑑定の場合、ご指定時間2時間前には、別の場所でファミリーレストランに入っています。

お茶を飲みながら、ご依頼主周辺の状況を占っておきます。
CIMG6493.JPG
私達は良くサイゼリアさんを使いますので、もしかしたらどこかのサイゼリアでイーチンタロットを広げている二人組が居ましたら、私達の出張鑑定二時間前なのだと思って頂けたらと思います。

実際に相談者様の目の前でも占いますが、相談者様周辺までをもそのお時間で占ってしまうと相談者様にご負担金が多くなってしまいますため、その辺りは事前にサービスで占っておきます。

同じく出張鑑定に出ております、西洋占星術師の知り合いは「相談者様から何の情報も与えられていないのに、どうやって占うの??」と言われますが、イーチン心理タロットは「当てるための占いではなく、当たっていて当然」の占いですので、相談者様から何の情報も与えられていなくとも、必ずカードは相談者様周辺をピタリと当ててくれます。

ですので、そこに疑う余地などありませんので、何の情報も受け取っていなくとも良いのです。

私達人間風情が知っている事は必ずどこかで間違えます。
ですが、イーチン心理タロットは間違えません。

ですので、私達人間は示されたカードを読んでいけば良いだけなのでした。

次に、四柱推命と算命術を使って、相談者様のその日の状況を見ていきます。
CIMG6488.JPG
こちらも目の前で行われる占い師様がいらっしゃいますが、当占い処の出張鑑定では事前のサービスとして行っておきます。

出張鑑定で使うのは、いつも使い慣れた鉛筆と色鉛筆です。
CIMG6484.JPGCIMG6485.JPG
ITを駆使している占い処としては驚かれる方もいらっしゃいますが、使い慣れている道具が一番良い仕事が出来ると信じています。

使っていますのは英国Berol社のEagleColor色鉛筆と、三菱鉛筆のUniシリーズです。

色鉛筆の方はもう廃盤になってしまいましたので、これを使い終えたらまた別の会社のを探します。

三菱のUniシリーズは私達が最も愛用している鉛筆で、これでもう数十年占い師としてお世話になっておりますため、逆にもうこれが無いと仕事が出来ないような気持ちにすらなってしまっています(笑)

書き味がしっかりしておりますのにも関わらず、直感をそのまま100パーセント文字として出力できる道具は、私達は三菱鉛筆以外に知りません。

こうしてファミリーレストランでイーチン心理タロット、及び四柱推命と算命術を弾き出したら、レストランを後にしてご指定場所に向かいます。


■中継地、中央線荻窪駅

到着しました中継地の中央線荻窪駅(ここからのルートは相談者様の個人情報に繋がってしまいますので、ここまでがご紹介になります)
CIMG6463.JPG

CIMG6464.JPG

な・・・生バンドカラオケ・・う・・これは面白そうですね(笑)

CIMG6483.JPG

荻窪駅は新旧商店街通りが入り組んでいて楽しい所ですよね。
CIMG6466.JPG
CIMG6467.JPG

この手の風情は下北沢から今は姿を消しつつありますので、貴重なお店の風景です。
CIMG6469.JPG

65年間続く文化人の憩いの場所「邪宗門」さんもまだ開いていました.。
CIMG6473.JPG
邪宗門と言えば、数々の文化人が集う喫茶店ですので、荻窪に行ったら一度は入っておきたい場所ですね。

相談者様ご指定時間までもうそれほどありませんので、定食屋さんでパッと食べてパッと出ます。
CIMG6476.JPG

輝風音はこちらを注文。
CIMG6477.JPG

陽水丸はこちらを注文しました.
CIMG6479.JPG
パッと入りましたが、やっぱり杉並区は定食屋さんが多いため、どこも研究されていて美味しいですね。

食べ終わると急ぎ足で相談者様ご指定の場所へと向かいました。


■出張鑑定の裏舞台、占い師は事前の準備が重要です。

いかがでしたでしょうか?
普段、相談者様からはご覧頂けません、占い師視点の出張鑑定の舞台裏を始めて公開させていただきました.

相談者様にとって、最高の道と答えを導き出しますため、私達占い師は移動の手間も占いの手間も決して惜しまない、全身全力の占い、それが出張鑑定なのでした。

いつも当占い処をご贔屓に頂いております相談者様への、私達なりのお返しが少しでもそうした事で出来たら、私達も幸です。

これからもどうかよろしくお願いいたします。
posted by 輝風音&陽水丸★きふね&ひみまる★ at 22:20東京 ☀占い師コラム
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
1クリックで風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)を応援!(にほんブログ村)