来週のイーチンタロット・アドバイス

皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越しくださって本当に有難うございます。

東京は毎日暑い日が続いておりますが、皆さんのところはいかがでしょう?


7月はずっと涼しさが続いていましたので、急に暑くなりますと色々と体が付いて行きづらくなりますね。
下北沢駅前も連日救急車が停まっておりますような状態ですので、どうか皆さん水分補給は小まめにしてお過ごしくださいね。


■前回のイーチンタロット・アドバイスで大反響が・・・

さて、今週も多くの相談者様、当占い処を訪ねてくださって本当に有難うございます。

有り難くも当占い処公式ブログを話題にして下さる相談者様も多く、その多くは陰陽eyesに関してや雑多な記事(占い師の裏方ですとか)の事なのですが、今週は前回の


に関してで、そちらの記事では

・今週は新しい健康法や噂で聞いただけのような健康法に手を出さないように注意して下さい。

とのアドバイスを書かせて頂いておりました。
こちらの記事をアップさせて頂きました直後に


と言うようなニュースが入りました事もありまして、今週は有り難くもその記事を元に沢山の相談者様が当占い処を訪れてくださいました。

皆さん本当に有難うございます。

ニュースにもなっております吉村知事が大阪府だから・・・なのでしょうか、今週は実は当占い処への相談者様の何と8割が大阪ご出身の方ともありまして、当占い処始まって以来、毎日のように大阪弁の弾むような声を伺えまして、とても新鮮でした。

本日などは丁度ご予約の相談者様もご退室なさって、ここからはもうご予約はありませんのでお茶菓子を広げながらお茶の時間にしていたのですが、飛び込みでいらして下さった大阪ご出身の相談者様が目にされたのは、テーブルの上に広がったお菓子とお茶でした(汗)

「すすすすスミマセンお菓子なんか広げちゃってて(汗)」

と申し上げましたところ、むしろ全然OKとお許しを頂いて、ご相談にいらしてくださったのに最初にまずは相談者様もご一緒されてのお茶の時間となりました(笑)

「今度お茶と大阪のお茶菓子持ってきますよ〜」

と有り難いお言葉まで頂戴しまして、占い処ですのに一番最初の話題が「大阪のお菓子は安くて美味しい」で盛り上がってしまいました(笑)
大好きです大阪。

楽しいお茶の時間をご一緒してくださいました相談者様、本当に有難う御座いました。


■来週のイーチンタロット・アドバイス

先週、今週と遅れ気味でした来週のイーチンタロット・アドバイスのコーナーですが今週は何とか土曜日に間に合いました(汗)

さて、来週はどのような週になりますか・・・・早速カードを開けてみたいと思います。

CIMG9025.jpg

ぁぁぁ・・・これが出てしまいました(汗)

今週に続いて、来週もあまりよろしくない週になりそうですが、掻い摘んでご説明させて頂きたいと思います。

・現在恋愛中の方、来週はどうやらお相手の方は今までに見せなかったような態度の急変がありますので、冷静に対処しましょう。

・現在恋愛中の方、そのお相手の態度は、どうやらお相手の方の悩みが深くなり過ぎたせいのようです。

・現在片思い中の方、来週のアタックは避けてください。

・現在片思い中の方、来週はもしかしたら意中の方とより親密になれそうな雰囲気の時があるようですが、それは勘違いで、そこで告白してしまうとそれが元で二度と意中の方はあなたに振り向かなくなります。

・現在お仕事中の方、来週もしも見込んでいる収入源がある場合、特にそこに注意して下さい。

・現在お仕事中の方、来週はその見込みは肩透かしにあい、思わぬマイナスに転じますので、来週見込んでいる収入源が会社にとって大きな要素の場合、出来ればそれが肩透かしにあった場合を想定して行動するようにしてください。

・来週は肝臓と腎臓の病気に要注意です。例えば、お酒を飲まれる機会がある場合、あまり多く飲まないように注意して下さい。

・来週は特に酒の席に注意して下さい。

・来週の天候は急な大雨や、急な異常低温などがあるかもしれませんので、お天気情報は小まめにチェックするようにして下さい。

・・・と、このような結果となりました。


■来週は「お酒の席で全て終わる危険な週」。

さて、この「水雷屯」と言うカードですが、本来は「何をやっても芽が出ない」と言う意味のカードで、正位置で出てもあまり良い意味のカードではありません。

正位置で出る場合には、まだ「何を頑張っても上手く行かないので、今は時を待ちましょう」くらいの意味で捉えられるのですが、今回は逆位置で出てしまっています。

逆位置で出てしまうとこれが厄介な意味になりまして「何をやっても上手く行かないことにヤサグレてしまっている」と言う意味になります。

まだ、一人でヤサグレてお酒を少し飲んで、取り敢えずその問題は忘れて先に進められれば良いのですが、恋人や仕事づきあいでお酒ともなりますと、そのヤサグレがボヤきに変わり、喧嘩の種になってしまう事もあります。

もしも来週、恋人や仕事上で重要な人物とお酒の席を一緒にする場合には、理性が保てるくらいに飲まれる方がこの先が良くなります。

「取引先の重役と会食のはずが、お酒が原因で契約破棄になってしまった・・・」などと言うことになりませんよう、来週はお酒の席は特に注意しながら過ごしてくださいね。

来週もカードの力を味方に付けて、皆さんにとって良い週になりますようお祈りしています。


■あなたの、あなただけの未来を初回15分1,000円で。

さて、いかがでしたでしょうか?
こちらの占いコーナーは、有り難くも現在こちらの記事をご覧下さっています皆さん全般的な来週の運勢ですが、人生が一人一人違うように、未来も個々で様々に違ってきます。

当占い処では、占い初心者の方から、占いが初めてと仰る企業オーナー様まで幅広く占いがお役に立てますよう、どのようなご相談でも初回15分1,000円で鑑定を行わせて頂いております。

また、ご予約頂けますとさらに5分追加無料となりますので、初回20分1,000円と下北沢最安値となっております。

ぜひ、皆さんのお悩みに当占い処をご活用下さいませ。

ご予約はメールでお受けしております。
※捨てアド、ハンドルネーム可ですが、ハンドルネームの場合、次回以降も同じハンドルネームでお願いいたします。

昔の名で呼んで頂いた日

皆さんいつも占い処「風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)」にお越しくださって本当に有難う御座います。

今日の東京は7月の長雨を忘れてしまうほどの強い日差しで、本当に暑い一日となりましたね。

皆さんの所はいかがでしょう?

皆さんどうか熱中症に気を付けて頂きながら、小まめに水分補給をしていってくださいね。


■昔の名で訪ねてきて下さった相談者様の日

さて、昨日は十数年ぶりに、有り難くも昔の名前で呼んでくださる相談者様が訪ねてきて下さいました。

「聖翔先生ですよね?」

私も本当に驚きましたが、それと同時に本当に嬉しく、幸せなご質問を頂きました。

本当に有難う御座います。

当占い処の占い師、輝風音(きふね)の過去のお話を思い出したかのように時々書かせていただいておりますが、昨年、下北沢に戻ってまいりますまでは、私「輝風音(きふね)」は「聖翔(せいしょう)」と言う名前で占い師をさせて頂いておりました。

20年以上前、まだ占い師としては駆け出しの頃、初めて個人事務所を持ったのが下北沢の中瀬ビルという現在の場所でした。

占い師の養成学校所属では、自身で決定する他に、沢山の先生方のアドバイスで名前を付けさせて頂いておりましたが、独立を機に初めて自分自身で自分自身の名前を付ける事になりました。

下北沢の中瀬ビルの方位や時期、そうしたものを東洋占星術全てを使って占いましたところ、「聖」の文字、「翔」の文字が良いと出まして、これが私自身の独立一番最初の占いと言うこともあり、名前を「聖翔(せいしょう)」とさせて頂きました。

易もそうですが、東洋占星術と言うのは、まずは自身がその占いを信頼できるかを一番最初に試します。
自身が信じられないものを、相談者様にお金を頂いてまでオススメ出来ないからです。

下北沢を後にして、恵比寿、高円寺、立川、永福町と様々な場所で同じ聖翔の名前で占い師をさせて頂いておりましたが、名前が売れれば売れるほど、相談者様は名前を頼りにいらしてくださるようになりました。

「頼れる占い師だからこそ、名前でいらしてくださる」であれば良かったのですが、テレビ出演などもしてしまい、名前が大きくなりすぎますとそれは名前だけが先行して、本当にその占いを頼りに皆さんがいらしてくださっている・・・と言うよりも、その名前の占い師に見てもらったと言う肩書だけのような状態になってしまっていました。

商売人であれば、それで良かったのだと思います。
名前が売れて、それで広告を打てば沢山の相談者様がいらしてくださった事でしょう。

ですが、私はただの占い師風情でしかありません。

いらしてくださる相談者様の、深い悩みが占いという手段を通じて解決の糸口を見付け、少し強張った表情に安堵の表情が出る、そんな瞬間瞬間を本当に大切にしたいと想いました。

一人一人の相談者様と、その瞬間瞬間がミスの許されない真剣勝負、それが、私の目指したかった占い師の姿でした。

2018年、11月。
実はこの時に一番最初に独立して占い処を開いた下北沢に戻ることを決めていましたが、ポスターや看板の占い師名「聖翔」は原案では残っていました。
ですが、思い切って新しい名前にしました。

今度は占いではなく、所属する古神道から、風の神を願い「輝風音(きふね)」としました。
同時に、ここまで下働きをしてくれていました弟子に、水の神を願い「陽水丸(ひみまる)」としました。

占い師歴は20年以上ですが、輝風音としては新しい門出となりました。
名前を捨ててオープンしました2019年1月、驚くほど相談者様はいらっしゃいませんでした(笑)

同時に、今まで私はこんなにも名前の上に胡座をかいていたことを本当の意味で反省する良い機会となりました。

その後、陽水丸のWEB広報力も合わせまして、徐々に口コミなどから相談者様がいらしてくださいました。

「鬱々としてた友達がなんか気持ちが晴れたって言うから、私も鑑定してもらいにきました!」昨年、口コミでいらしてくださった相談者様の、その有り難い一言を今でも忘れません。

また、名前が全く知られていませんので、聖翔の名前の時には出会えなかったご相談とも出会えました。
それが

「占い師さんのお任せで」

です(笑)
名前が売れていないからこそ、相談者様は恐らく私達占い師の腕を見極めるためにそう仰ってくださったのだと思いますが、全部当ててアドバイスを行わせて頂きました後、「占いって当たるんやねぇ」と驚かれたあの表情を、今でも忘れません。

相談者様との、その一瞬一瞬が、名前が売れていた頃よりも本当に大切だと思えるのは、ひとえに当占い処を頼りにいらしてくださる相談者様のおかげだと常々感じております。

その後、昨日に至るまで、聖翔の名前で訪ねて来られる相談者様はお一人もいらっしゃらなく、年齢的にも忘れやすいので、そろそろ昔の名前を忘れかけておりました頃、まさか昔の名前でいらしてくださった事に感動してしまいました。

この一年半、あんなに名前が売れていた聖翔を呼ばれる相談者様はいらっしゃらなく、それが、私の占い師としての信頼度だったのだと感じております。
ですが、その中で、聖翔と仰って頂けた事は、お一人でも、私の占いを評価して下さる相談者様がいらしてくださったと言うことです。
大きな感謝と共に、また、相談者様に頼って頂ける占い師であれますよう、一歩一歩努力をしてまいりたいと思います。

昨日、昔の名前で訪ねて下さった相談者様、本当に有難う御座いました。
そして、ここまで読んで下さった画面の前の皆さんも、本当に有難うございます。

どうか、これからもよろしくお願いいたします。


■2020年8月7日の下北沢

相談者様の、あまりの有り難いお言葉に、ついつい昔話を長々としてしまって申し訳ありませんでした(汗)

さて、大衆メディアでは毎日のように感染者数が増えた増えたとお祭り騒ぎの様相ですが、今日2020年8月7日の下北沢はいかがでしたでしょうか?

リアルな下北沢の風景をご覧ください。

まずは駅前からです。
DSC_1741.jpg
時間は夕方の18:40、今日は凄まじい暑さで思わずフラフラしてしまいそうでしたが、下北沢はそんな暑さに負けない活気に満ち溢れていました。

駅前のスロープはアスファルトが敷かれて綺麗になってきました。
DSC_1742.jpg

あの広い駅前通りがお祭り騒ぎです(笑)
DSC_1743.jpg
特にお祭りと言うのではなく、楽しそうな人々が思い思いに「楽しい」を満喫して、それがまるで一つのお祭りのようになっているのがこの下北沢の楽しいところですね。

スーパーオオゼキ前もこの通りです。
DSC_1744.jpg
学生さん、アーティスト、主婦、仕事上がりのサラリーマン、地元の方々、旅行者の方々も、年齢性別、職種なんて全く気にせず、思い思いの下北沢を満喫していらっしゃいました。

当占い処へと続くマルシェ下北沢前です。
DSC_1745.jpg

小劇場横の通りを進んで左側が当占い処の場所です。
DSC_1746.jpg
小劇場前も今日はお花が沢山飾ってありまして、文字通り華やかな風景になっていました。

劇場から出てきた方々が、それぞれにその日の演目の見どころや感動した所などを語っていまして、ここは笑顔と楽しそうな声が絶えない場所に鳴っています。


■この空気が大衆メディアが報道したくない事実。

さて、いかがでしたでしょうか?

熱中症で人々が倒れているですとか、新型コロナウイルスで感染者が大変ですとか、富士山が噴火したらどうしようですとか、大衆メディアは人を恐怖で煽るのがお仕事ですので仕方がないとはいえ、やはりそれを全て真に受けていては前へと進みづらくなってしまいますね。

週末は下北沢に「楽しい」を見付けに出かけるのはいかがでしょうか?

私達もその時、少しでも皆さんのお役に立てたら何よりです。
posted by 輝風音&陽水丸★きふね&ひみまる★ at 22:38東京 ☀占い師コラム

今日の言葉33「奴隷」

CIMG8846.jpg

地上にまだ、人間の魂が降りる前、人間達は神の奴隷でした。

人間は神々に反発し、奴隷から逃れるため地上に落ちました。

地上に降りると、食事の奴隷になりました。

食べないと、生きられなくなってしまったからです。

暫くして、食物をコントロールする人が現れました。

人間は、人間の奴隷になりました。

奴隷を使った人々は、奴隷では無くなったようにも思えました。

しかし、その人達は邪神の奴隷になっていたのでした。
posted by 輝風音&陽水丸★きふね&ひみまる★ at 23:54東京 ☀今日の言葉
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 東洋思想へ
1クリックで風水鳥の帆船(かざみどりのはんせん)を応援!(にほんブログ村)